ブログ

【霊視】全ての霊が視えている訳ではない?

こんにちは、今日は息子の霊視についてのお話しです。

最近はコロナウィルスで学校が休みなので一緒に過ごすことが多く

今日も車で買い物に行った帰りに

道端に花束など お供えされている場所を息子と通った時の事です

 

息子にあの花束の所に何か視える?と聞いてみたところ

息子:うん子供が2人見えるよ

私:何歳くらい子供なの?

息子:う~ん? 3才とかそれ位かなぁ

私:どんな服を着てるの?

息子:なんかよくわかんないけどTシャツみたいな服かなぁ?

※実はその場所は赤ちゃんを乗せた車が後ろから来た車に追突され
赤ちゃんがその反動で窓から投げ出されてしまい亡くなった場所だったのです。

ただそこに赤ちゃんの霊は見えないらしく

日によって2人だったり3人だったり4人だったりの子供の霊が見えるみたいで

男の子だけの時もあるし、たまに女の子がいる時もあるらしいのです

 

 

 

その場所は子供たちの霊が集う場所なのかもしれません。

 

次に違う大通りの歩道を息子と2人で歩いているとき、道端にふと枯れた花束を見つけました。

その花束を通り過ぎた後に息子に・・・今見えた?と聞いてみましたが

見えないんだけどなんか寒気がして鳥肌が立ったと言いました。

その途端、急に私の右足首が痛み出し歩くのもおぼつかない程の痛みが???

怖くなって息子に足が痛いんだけどなんか見えない?と聞いても何にも見えないらしく

どういう訳か家に帰って気づいた時には痛みは無くなっていました?

不思議です。。。やはり花束などが置いてある場所は何かあるのかもしれませんね

 

息子が視えるという霊は息子曰くみんな悪い霊じゃないよ といいます。

優しそうに笑っていたり危害を加えてくるような霊は見えないと言います。

もしかすると、みなさんもお聞きになったことがあるかもしれませんが

上級霊とか低級霊など

霊が視える人によっても見える霊 見えない霊などあるのかも

今のところ息子の見えるチャンネルには悪い霊は映らないのかもしれません。

 

まだまだ未知な部分が多くて息子自身も戸惑う事も多いのですが

また気になった事があればブログに上げていきたいと思っています。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る